カードローンは消費者金融系と銀行系の2つに分かれています。このうち、消費者金融系のカードローンにはどのような特徴があるでしょうか。
まず、一番の特徴と言えるのが総量規制になります。総量規制とは、お金を借りる場合、年収の3分の1までしか借り入れをすることが出来ないことです。例えば、年収が300万円だとすれば、100万円までしか借りることが出来ないのです。これは貸金業法という法律によって定められています。一方、銀行は総量規制の適用がありません。総量規制の適用がない理由は、銀行法によって総量規制の定めがないからです。
次に金利です。消費者金融審査甘い系の金利は銀行系の金利よりも高いのが特徴です。なぜ消費者金融系の方が金利が高いのかは審査基準と一緒に考えなければなりません。消費者金融は銀行に比べて審査が緩くなります。この裏を返せば銀行系の方が審査基準は厳しいと言うことになるはずです。審査基準を緩くすれば返済できない人も多くなります。その代わり、返済できない人の分も別の人に返済してもらうために金利が高くなっているのです。逆に、銀行系は審査が厳しい分、返済できない人も消費者金融系に比べると少なく、それほど金利を高くする必要がないのです。どちらだ正しいとか言えばどちらも正しいです。単に考え方が違うと言うだけになります。
最後に、消費者金融は銀行と違い無利息で借りることが出来る期間があります。大抵は借りた日のうちに返済することが出来れば無利息になります。

関連記事