カードローンは消費者金融系と銀行系の2つに分かれています。このうち、消費者金融系のカードローンにはどのような特徴があるでしょうか。
まず、一番の特徴と言えるのが総量規制になります。総量規制とは、お金を借りる場合、年収の3分の1までしか借り入れをすることが出来ないことです。例えば、年収が300万円だとすれば、100万円までしか借りることが出来ないのです。これは貸金業法という法律によって定められています。一方、銀行は総量規制の適用がありません。総量規制の適用がない理由は、銀行法によって総量規制の定めがないからです。
次に金利です。消費者金融審査甘い系の金利は銀行系の金利よりも高いのが特徴です。なぜ消費者金融系の方が金利が高いのかは審査基準と一緒に考えなければなりません。消費者金融は銀行に比べて審査が緩くなります。この裏を返せば銀行系の方が審査基準は厳しいと言うことになるはずです。審査基準を緩くすれば返済できない人も多くなります。その代わり、返済できない人の分も別の人に返済してもらうために金利が高くなっているのです。逆に、銀行系は審査が厳しい分、返済できない人も消費者金融系に比べると少なく、それほど金利を高くする必要がないのです。どちらだ正しいとか言えばどちらも正しいです。単に考え方が違うと言うだけになります。
最後に、消費者金融は銀行と違い無利息で借りることが出来る期間があります。大抵は借りた日のうちに返済することが出来れば無利息になります。

使いやすいキャッシングといっても、何が使いやすいのか実際に使ってみないと分からないと考えている方は多いです。初めてキャッシングを利用するから、使いやすいキャッシングを選べなくても仕方がない、なんて思っていないでしょうか。
キャッシングはきちんとカードローン審査比較すれば、一番自分に使いやすいものを必ず選べるようになっています。しかし、初めての場合ならどこを比較するのかも難しく感じてしまうかもしれません。それを解消するためには、まず自分がどのように借りたいのかという希望を出してみるべきです。
一度だけ借りる予定なのか、ずっと銀行口座の代わりのようにして使う予定なのかだけでも、借り入れ先選びが違ってくることもあります。ネットをメインで借り入れや返済をするけれどATMも補助的に使えるようにしたいということなら、両方の借り入れや返済ができるキャッシングを選ぶ必要があります。
キャッシングしたことがなくて分からない場合でも、銀行口座の利用をどのようにしているのかを参考にするのもよいかもしれません。インターネットバンキングを良く使っているという方なら、ネットだけの借り入れや返済でも特に問題を感じないのではないでしょうか。また、出張が多いという方なら、全国どこでも利用できる消費者金融などを選んでおくというのも安心感が高まるでしょう。
自分がどんな時にお金を必要とするタイミングが多いのか、どのようなシーンで借り入れをする必要に迫られるのか、といったことを考えてみるだけでも使いやすいキャッシングが徐々に絞られてくるはずです。
それでも決めるのが難しいという方は、色々な借り入れや返済方法が揃っていて、利用をスタートした後にも変更できるようなキャッシングを選んでおくのもよいかもしれません。多彩な方法があると、転職や引っ越しなど自分の環境が変わった時にも対応しやすいというメリットがあります。

どうしてもお金が必要な人の弱みにつけ込む様な業者は、未だに存在しています。ですから、被害に合わないためには利用する側がきちんと消費者金融業者を見定めて、自己防衛するしかありません。やばい業者は、外見や人柄だけでは判断できないので、有名な大手を利用したほうが安全で、どうしても近所にある無名な業者を利用したい場合には、いくつか確認してから利用すると良いです。
初めに、きちんと許可を受けて営業を行なっているかの確認は必ずして、できれば許可番号が正しいかどうか照会まで行ったほうが良いです。とても安い金利が魅力的であっても直ぐに借り入れする事は危険で、たくさん集客するためのアイキャッチとして安いことを掲げている業者は多く、ブラックだった場合、許可を得て運営しているように見せかけていますから、照会まで行なったほうが安全なのです。
未だにグレーゾーン金利で貸し出しをしている所がたくさんあり、知らずに返済を完了してしまう人たちも多いのです。CMや番組などでたくさん過払いについて取り上げられていますが、借りていない人は係わりが薄いため、大切な情報であってもスルーして記憶しておらず、実際に借りる時には知識が無いために金利にまで頭が回らない事もあるのです。失敗しないために金利は必ず調べましょう。
借りる時は親切だったのに、取立てがやばい消費者金融はたくさんあって、大手であっても取り立ては厳しい所がたくさんあります。全てがブラックだとはいえませんが、取立ての酷い会社は口コミなどで噂が広がりやすいですから、インターネットで評判や取り立てが酷くないか確認を行ってから利用を行なうと、心配がなくなります。